ディズニーランドのエントランスグリーティングとアトモスフィアを見逃すな!

東京ディズニーランドには、アトラクションやショー・パレード以外にも様々な楽しさがあります。
その中のひとつが、ディズニーランドのエントランス(入口)です。

今回は、知らないゲストもまだまだ多い、エントランスの楽しみ方を3つご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

エントランスの知らないともったいない3つの楽しみ方

朝と夜、入園時と退園時にしかエントランスに足を運ぶことはない。といった人も多いかもしれません。
あまり注目されていないエントランスですが、実は知らないともったいない楽しみがあるのです。

何を隠そう私が、最近パーク内で一番ハマっているのが、皆さんが素通りしてしまうエントランスなのですよ!

1. 整列グリーティング

ディズニーランドに入ってすぐに、ミッキーとミニーがいるのを見たことがある方は多いと思います。

それがエントランスの「整列グリーティング」です。

左側(メインストリート・ハウス側)ではミッキー、
右側(ベビーカー&車イスレンタル側)ではミニーと
グリーティングすることができます。

定員が決まっていたり、1時間くらい待つこともあったりしますが、並べば必ずミッキー・ミニーと写真を撮ることができます!

ディズニーランドに来たという思い出作りにはぴったりなのです。

私は並ぶのがあまり好きではなく、エントランスで他にする事があるので、雨の日のミニーちゃんとしかグリーティングしたことがありません(笑)

ミニーカッパ姿
雨の日バージョンのミニーちゃんかわいいですね。

雨の日ならカッパを着た、いつもとちょっと違うミッキーとミニーに会えますので、雨の日は希少な日なのですよ。

2. フリーグリーティング

フリーグリーティングは、整列グリーティングと違って、会えるキャラクターと時間が公表されていません。

だからこそレア!
いつだれが遊びに来てくれるか分からないところが、マニア心をくすぐるのです。

まれに、キャストに聞くと遊びに来る予定があるかを教えてくれることもあるので、会いたいキャラクターがいれば一度聞いてみてください。

運が良ければシンデレラと王子様のツーショットを撮ることもできちゃいますよ。

シンデレラと王子様のツーショット

ほかにもいろいろなキャラクターがいるので、見かけたら名前を呼んでみてください。
キャラクターの方から絡んできてくれるかもしれませんよ。

ジミニー

注意
グリーティングは楽しいですが、一緒に写真が撮りたいからといって、他のゲストを押しのけたり、キャラを叩いたりひっぱたりしちゃダメですよ^^;

ルールとマナーを守っていれば、キャラの方からあなたに話しかけてくれますからご安心を。
なんてったって夢の国ですから・・・

スポンサーリンク

3. アトモスフィアショー

2016年6月16日からは、エントランスでアトモスフィア・エンターテイメントが2種類始まっています。
これも見逃せない内容になっています。

ジップンズーム・ガイドツアー

軽快なトークと愉快なパントマイム、素敵な音楽でディズニーランドのアトラクションやエンターテイメントを紹介してくれるショーです。

ジップンズーム・ガイドツアー

その日に行くアトラクションに迷ったら、このアトモスフィアを見て参考にしても良いです。

運がいいとフリーグリーティングで出てきたキャラクターも、一緒にガイドツアーに参加してくれることもあります。

私はギデオンが、パントマイムの人の動きをまねしていたのを見た事があります。

ギデオン

紹介してくれるアトラクションが、毎回違うので何度でも見ても飽きませんよ。

ウェルカムフラワーバンド

歌と音楽でパークを美しく彩る花々を紹介してくれる4人組のバンドです。

ウェルカムフラワーバンド

365日、色とりどりの花が咲いているパークを
「サンフラワー」
「ガーベラ」
「マーガレット」
「リリー」
の4人が歌と踊りと笑顔で、ゲストの一日をより一層楽しいものにしてくれること間違いありません。

これは参加型です。
みんなで協力して、バンドメンバーのワクワクの花を一緒に咲かせましょう!
このアトモスフィアを見ると、自然と笑顔になれますよ。


いかがでしたでしょうか。
アトラクションやショーに目が行きがちですが、それだけがディズニーランドの楽しみ方ではありません。

普段は何気なく素通りしてしまうエントランス。
でもその場所に注目すると、一日居て飽きずに楽しく過ごすことができる工夫がされているのです。

あなたもエントランスで、新しいディズニーランドの魅力を発見してみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする