ハピネス・イズ・ヒアの鑑賞ポイント!時間やキャラクターとMAPを紹介!

東京ディズニーリゾート30周年を記念して始まった、東京ディズニーランドのお昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」

季節のイベントもいいけど、通年で公演しているパレードの方が、やっぱり豪華だしディズニーらしさ満載ですよね。

そんなお昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」のベスト鑑賞ポイントや時間、登場キャラクター、MAPや見所を徹底解説しちゃいます!

スポンサーリンク

「ハピネス・イズ・ヒア」の登場キャラクター

当初は一年間の予定でしたが、好評により期間が延長されたおかげで、今も毎日絶賛公演中です!

ハピネス・イズ・ヒアのテーマは「メリーゴーランド」です。

そもそもディズニーランドは、生みの親であるウォルト・ディズニーが娘を遊園地に連れて行って、メリーゴーランドに乗せていた時に「どうして、親と子供が一緒になって楽しめる場所がないのだろう?」と思った事がきっかけで作ったというのはファンなら誰でも知っている有名な話ですよね。

そんな原点でもある、メリーゴーランドをイメージした終わらない夢の様なパレード、それが「ハピネス・イズ・ヒア」なんです。


そして、ハピネス・イズ・ヒアには、たくさんのキャラクターが登場します。

ハピネス・イズ・ヒア キャラクター

先頭のグーフィーに始まり、白雪姫と七人の小人、三匹の子豚、ホーレス・ホースシューとクララベル・カウ……

子供に大人気ピクサーのハズとウッディージェシー、そしてラプンツェル・ジャスミン・シンデレラ・オーロラ・ベルなどのプリンセスまで大集合。

数えたらキリがないくらい、こんなに一気にキャラクターが出演するパレードは、やっぱり東京ディズニーリゾートの中でもメインのパレード「ハピネス・イズ・ヒア」だからこそですよね。

ハピネス・イズ・ヒア キャラクター

ディズニーのパレードは、どこで聞いても途切れないようにアンダーライナーが……なんて小難しい話しはこの際省略!

フロートごとの各ユニットは、それぞれ映画で使われたテーマソングなどをアレンジした音楽で登場しますが、共通するのが♪Jump and shout and let it all out! の歌詞

合言葉は「ジャンプ&シャウト」です。
大雑把に言えば「飛んで叫んでハピネスを表現しよう!」みたいな感じでしょうか(笑)

パレードを見ているゲストの皆さんも、全力でハピネスを楽しんで欲しい気持ちが伝わってきますよね。

スポンサーリンク

「ハピネス・イズ・ヒア」の時間と鑑賞ポイント

「ハピネス・イズ・ヒア」の鑑賞ポイント

さてそんな素敵なパレード「ハピネス・イズ・ヒア」はどうしたら見られるのか、場所を選ぶポイントを教えちゃいますね。

じつは期間限定の季節イベント(例えばハロウィンやクリスマスパレード)より通年パレード「ハピネス・イズ・ヒア」は空いています。

確かにワンデーパスポートでインパークしているゲストの気持ちを考えれば分からなくもないですが……こんな素敵なパレードなのに……(涙)

でも逆に「ハピネス・イズ・ヒア」を見たいゲストにとってこんなラッキーな話しはないですよね。

基本的に「ハピネス・イズ・ヒア」は午後1時~2時台にかけて、季節イベントのパレードとパレードの間の時間に設定されていますから、場所を選ばなければ前方で見られるメリットがあります。


また「ハピネス・イズ・ヒア」は通過型のパレードなのでどこで見ても基本同じです。

「ハピネス・イズ・ヒア」のMAP

なのでトゥーンタウンやプラザのウォルト像正面などではなく、

季節イベントのパレードが停止しないお城周りプラザから、ウエスタンランドやトゥモローランドに行く橋の手前などが、影響を受けず前方で見られる穴場になるのです。

その他にもファンタジーランドにある、空とぶダンボのアトラクション横だったり、いろいろな穴場スポットがあるのでパレードルートにいるゲストコントロールキャストに聞いてみてくださいね。

ゲストコントロールキャストは、キャスト間でパレードルートの情報を共有しているので、今いるその場所が混雑していても、近くの比較的空いている場所を案内してくれたりもするんですよ。


さあどうでしょう?ここまで読んだらあなたも「ハピネス・イズ・ヒア」が見たくなってきましたよね。

次回のインパークでは是非計画に「ハピネス・イズ・ヒア」を入れてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする