マゼランズ・ラウンジのカクテルメニュー!予約や混雑待ち時間は?

お酒が飲めるディズニーシーの中でもワインが好きならマゼランズ・ラウンジに行け!

そのくらいお酒、特にワインのリストが充実しているのがこのマゼランズ・ラウンジです。

私はお酒が飲みたいときだけでなく、ちょっとした休憩やゆっくりしたいときなどにもよく利用しています。

このマゼランズ・ラウンジのカクテルメニュー、予約や混雑待ち時間を紹介しましょう。

スポンサーリンク

マゼランズ・ラウンジの予約や待ち時間は?

マゼランズ・ラウンジ

マゼランズ・ラウンジはプロメテウス火山のふもとにあります。

レストラン「マゼランズ」は事前受付(PS)が必要ですが、マゼランズ・ラウンジは事前受付が必要ありません。

つまり予約ができないのです・・・

なので混雑しているときは並ばないとだめですね。

しかしながら、アルコール中心のお店なので、客層も絞られます。
逆に言うと、マゼランズ・ラウンジは、同じく“ラウンジ”と名のつくテディ・ルーズヴェルト・ラウンジと違って、食事メニューがお酒の肴になるようなものしかないので、食事目当てで行くのはおススメしません。

ですから、他のレストランに比べれば待ち時間も少ないです。
だいたい15分ぐらいで入れることが多いです(体験談)

時間制限があるわけでもないですし、ゆっくりとした時間を過ごすことができる空間なので時間に余裕があれば贅沢な一時を過ごすことができます。

マゼランズ・ラウンジのカクテルメニュー

マゼランズ・ラウンジは食事メニューがほとんどありませんが、お酒が種類豊富にあります。
特にワインの種類が豊富なので、ワイン好きの方は楽しめるでしょう。

お料理もワインによく合いそうなラインナップなので、ワインがお好きな人はついつい長居してしまうようです。

マゼランズ・ラウンジ 牛頬肉

マゼランズ・ラウンジ唯一のアントレ牛頬肉の赤ワイン煮込みはマゼランズでも提供されているメニューなので味は折り紙付きです。


私はワインが苦手なのでカクテル系を頼むことが多いです。
「お酒に詳しくないよ~」という人も、キャストの方にどんなお酒が飲んでみたいか相談すれば、おススメのお酒を教えてくれるので気負わずに安心して行ってみましょう!

「炭酸系」とか「あまいの」とか好きな味を言うだけで「これが欲しかったの!」というカクテルに出会えると来てよかったと心から感じます。

意外な組み合わせや知らなかったリキュールを教えてもらえるというのが楽しみで、足を運ぶ回数もついつい増えます。

そんな中でもお気に入りでついついリピートしているドリンクを紹介します。

カフェシェケラート

カフェシェケラート

カフェシェケラートはエスプレッソとガムシロップ、氷を入れてシェイカーでシェイクするアイスコーヒーです。

マゼランズ・ラウンジのカフェシェケラートは甘さが強く、疲れているときにガツンと来ます!一日歩き回った疲れや眠気が吹っ飛ぶので毎回のように頼んでしまっています。

シェイクされることで作られるキメの細かい泡とアイスコーヒーなのにグラスに氷が入っていないので味が薄まることなく最後まで飲めるのが特徴です。
お酒が飲めない人におすすめの一杯ですよ!

上層にある泡がまたふわっふわのスイーツを食べているような感覚があります。

これ一杯で、完成された「飲むスイーツ」これを味わうために足を運ぶ価値はあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ピーチツリーソーダ

ピーチツリーソーダ

ピーチツリーリキュールにソーダを加えてグレナデンシロップを少々、最後にレモンを添えて完成!
ピーチフィズともいう定番のカクテルですね。

ピーチの甘さとレモンのさわやかさが魅力のとても飲みやすいカクテルです。

グラスホッパー

グラスホッパー

きれいな緑色のグラスホッパーはデザートとして飲むのにぴったりなカクテルです。
カカオリキュールとミントリキュール、生クリームをシェイクするそれはチョコミントの味がします。

甘くて飲みやすいですがアルコール度数は比較的高く、15度程度あるので飲み過ぎには注意しましょうね。

マゼランズ・ラウンジのまとめ

マゼランズ・ラウンジ 内装

ディズニーシーの中でも指折りの落ち着いたゆっくりできる空間のマゼランズ・ラウンジ。
恋人と甘い時間を過ごしても、友達と大人の女子会をしても十分に楽しめる特別感のある空間になっています。

そこにいるだけで贅沢な気分になる空気が漂っているので、ワイワイ飲むよりしっぽりのんびりしたい人は必ずリピーターになるのがマゼランズ・ラウンジだと思います。

雰囲気だけでなくお店の内装も料理もインスタ映えするので、一人で行くのにもオススメです。
お一人様もカップルも心行くまでくつろぐために足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする