ウッドチャック・グリーティングトレイルの待ち時間と見どころ!

東京ディズニーランドに2016年11月22日にオープンした「ウッドチャック・グリーティングトレイル」。
まだ行ったことがない!これから行く予定という人も多いのではないでしょうか?

今回はその「ウッドチャック・グリーティングトレイル」の場所や行き方、待ち時間、見どころや楽しみ方などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウッドチャック・グリーティングトレイルの場所は?

ウッドチャック・グリーティングトレイルはドナルドとデイジーに会える東京ディズニーランド2つ目のグリーティング施設です。

ウッドチャック・グリーティングトレイルはウエスタンランドのビッグサンダーマウンテンを越えたもっと奥にあります。

位置としては、トムソーヤ島からビッグサンダーマウンテンの方を見ると見つけられるのですが、あまり行かない人は迷ってしまうことが多いです。

確実にたどりつきたいときは、ビッグサンダーマウンテンの右側を抜けると見えてくる「大きな切り株」と「看板」を目印にするとわかりやすいです。

ウッドチャック・グリーティングトレイルの目印

蒸気船マークトウェイン号側からも行けますが、マークトウェイン号側は植栽で通行止めになっていることが多いので、ビッグサンダーマウンテン側から向かうのをおススメします!

ドナルドたちに会いに行くついでにビッグサンダーマウンテンのファストパスも取っちゃいましょう!

ウッドチャック・グリーティングトレイルの待ち時間は?

オープンから半年たって、だいぶ混雑も落ち着いてきたように感じます。
オープン当初は両方に会うことは困難と感じていましたが、時間帯によってはかなり少ない時間で会えるようになっています。

私が実際に行った日は6月の晴れた土曜日。
結構待つかな?と思っていたのですが、11時頃でドナルド35分待ち、デイジー30分待ちでした。

ちょうどパレードの時間と被るような時間だったので空いてましたね。

ウッドチャック・グリーティングトレイルの待ち時間

同日の私が行った時間以外は大体平均して60分前後の待ち時間でした。時間帯によって結構待ち時間に差があります。

オープン初日に開園と同時に並びに行ったときは約4時間並んだので、だいぶ混雑も落ち着いてきています。

スタンバイ列がアメリカ河沿いにあるので、待っている間もビーバーブラザーズのカヌー探検や蒸気船マークトウェイン号がきたリ、ウェスタンリバー鉄道が通ったりとその時しか撮ることのできない景色があるので、一人で並んでも比較的楽しく過ごせました。

スポンサーリンク

ウッドチャック・ホール ドナルドダック

ウッドチャック・ホール ドナルド

ドナルドと会えるのはウッドチャック・ホールです。
ウッドチャック・グリーティングトレイルのドナルドはボーイスカウト風の衣装で、いつも以上に決めポーズがカッコいい気がします。

帽子はデイジーとおそろいになっています!
このモフモフした帽子がかわいくて思わず触ってしまいたくなるモフフワ感です!

ウッドチャック・ハイドアウト デイジーダック

ウッドチャック・ハイドアウト デイジーダック

キャンプでも圧倒的女子力のデイジーダック

デイジーに会えるのはウッドチャック・ハイドアウト。
ハイドアウトは隠れ家を言う意味です。

ここで会えるデイジーはガールスカウト風の衣装です。

デイジー の衣装はいつも通り可愛いのですが、腰元のベルトがいつも以上にくびれてセクシーに見えます。

ドナルドがはだしなのにデイジーはブーツを履いて、おそろいの帽子にもリボンのアクセント!女子力の高さをうかがわせます。

サマーキャンプ場の中でもおしゃれを忘れないのがデイジーらしいですね!

ウッドチャック・グリーティングトレイルの見どころ

ウッドチャック・グリーティングトレイルは他のグリーティング施設と違ってグリーティングする人と次の人の二組しか小部屋に入れないので、グリーティング中の姿を他の人に見られることが少ないのが地味にうれしいです。

二人に会える部屋の中やキャンプウッドチャックエリアには色々なところに暗号や隠れミッキーが隠されているのでそれを探すのも楽しいです。

ウッドチャック・グリーティングトレイル 隠れミッキー

イベントや食事時間などを他の人とずらして、人の殺到しやすい時間を外すようにすることで待ち時間を避け、効率よく回れると乗れるアトラクションの数も変わってきます。

場所としては寒い時よりは暑い時の方が過ごしやすい場所なので、しっかり対策をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする